モビットから、お金を借りるとなると最初の契約時にしたがった借入限度額内でしか借入はできません。
そのため、もしも借入限度額を超えてキャッシングする必要が出てきた場合はどうやって対処して行けばよいのでしょうか。
モビットの場合は、現在の借入限度額を増やしたいのであれば、かなりの条件も必要になってきます。
モビットで借入限度額の増額が出来るという条件とはずばり、モビットと長期間契約を行っており、その上、返済が滞った経験が無い方のみモビットの借入限度額を増額させることが可能になるのです。
そのため、支払に少しでも延滞した人は、借入限度額の増額はかなり厳しくなるのです。
この様に、モビットで借入限度額を増額させるには、こまめにしっかりと返済を期日内に行う方のみが借入限度額の増額を許されるのです。
しかし、そうはいっても毎回毎回こまめに、返済するのが難しいという方もいらっしゃると思います。
それでも、今借りている金額よりもさらにお金が必要であるという場合は、他の消費者金融からお金を借りるという選択肢も見据えておかなければならないでしょう。
この様に、モビットからさらなる借入金の増額をしたいのであれば、日頃からお金の管理をしっかりし、期日内に返済しておく几帳面な所が必要になってきます。

大口ローンはやはり大口ですので、しっかりと把握することが大切です。
各金融機関には特徴がありますので自分に最適な金融機関を選んでください。

選ぶポイントは大きく分けて3つです。
大口ローンを積極的に行っている消費者金融を選ぶこと。
信用情報機関に「TERAネット」を使用していること。
借入件数、金額をしっかり把握し、審査の通り安い消費者金融を選ぶこと。

この3つのポイントを押さえておけば大口ローンが通りやすいです。
しかし申し込みをするなら1社づつ丁寧に申し込みをすることが大切です。

たまにガバっと頼んで通ったところにお願いしようと考える方がいらっしゃいますが、信用情報センターへの照会を頻繁に行うだけで目をつけられやすいので要注意です。

それでは次の記事に、借入件数別にお勧めの消費者金融をご紹介します。
もちろん借入件数が少ないほうが、金利も低く融資を受けやすいですが、5社以上の借入件数で200万以上の融資を受けたい、と希望の方もあきらめないでください。

必ず成功の糸口が見えてきますので、しっかり消費者金融の特徴を知って、審査の通りやすい準備をしてからインターネットで申し込むことが、融資への一番の近道です。

あっちからもこっちからも借りて返済日が別々だったりすると、それだけで生活が大変なうえに利息の過払いも気になります。

まずは自分の借り入れ金額、借入件数、借入金利などをしっかり把握し「今よりラクに返済できるようになること」を目標に、しっかり現状を確認したうえで検討しましょう。

毎月の返済額はいくらで、と解っていても金利などは見落としがちです。
全体的に見渡してみて無駄を排除していく事が最も大切ですので、しっかり自分自身と向き合いましょう。

さて、現状が見えてくればあとは実践です。

大口ローンを成功させるには、ポイントがありますのでよく読んでおいてください。

まず消費者金融の審査方法を詳しく知ること。
もうひとつは、おまとめローンを積極的に行っている消費者金融に申し込むということ。

消費者金融ごとに特徴が違いますので、自分にあった方法で検討するとよいでしょう。
また、おまとめローンを積極的に行っている消費者金融がありますので審査の通りやすい自分にあったものを探すことができるでしょう。

なお、消費者金融へのお申し込み方法は様々ありますが審査が一番確実・迅速なのはインターネットを利用することです。
審査の受け付けがほとんどアルバイトでマニュアル化されているうえに審査のチェック項目が少ないので今まで断られてしまった方でも通りやすいでしょう。
インターネットから申し込みをして肩の荷を下ろしましょう。

審査に通りやすいようにするための裏技をご紹介します。

審査に通りやすいということは、借入件数が少ない事。
借入件数を減らす裏ワザをご紹介します。

それは、JCB、VISA、MASTERカードなどクレジットカードをうまく活用して、一時的に負債金額を減らすことです。
クレジットカードのリボ払い枠や、ショッピング枠は借入件数にカウントされることはないからです。

日常に使うお金、たとえばスーパーでの食品・日用品・消耗品などをクレジットカードで買い、リボ払いにしていけば手元の現金を、借金返済に充てる事が出来ます。
また、高く売れそうなものをリボ払いで買いリサイクルショップやオークションなどで売り、金利の高い借入先から返済してしまうのも手です。
ブランド品や時計などは換金率が高くお勧めです。
また新幹線のチケットなども見落としがちですが高く売れるので、よくこの方法では利用されます。チケットショップなどで買い取りしてくれるはずです。

本気でやれば1社くらいの借入件数は減るはずです。
もし4社以上なのであれば、減らすべきです。

おまとめローンが成功すれば月々の返済が半分になることもあるので、面倒くさがらずまずは金利の高い1社分を減らして審査に申し込みしてみてください。

審査に必要な項目は、ローン会社によって多少異なりますが、大体同じで5~8つあります。

・自宅の固定電話
・自宅の居住年数
・勤続年数
・保険証
・既婚者
・社員数
・居住種類
・職種
・自宅の固定電話
固定電話の有無を問う項目がありますが、有りのほうが通りやすいです。
ここで重要なのは信頼度です。
固定電話があることでそのに根を張り安定して生活していると認識されるからです。
もしない場合は新しく設置するか、ダメモトで有りで申請してみて連絡先は携帯電話にしておくのもいいかもしれませんが、自己責任です。

・自宅の居住年数
もちろん、長く住んでいる方が信頼度は高いです。
しかし明らかにおかしい年数で申し込みをすると怪しまれるので常識の範囲ないで申請しましょう。
1カ月などですと信頼度はガーンと下がります。
常識の範囲内で長い期間住んでいると申請するのが得策といえそうです。

・勤続年数
長ければ長いほど信頼度はあがり融資を受けやすくなります。
まれに会社に確認の電話がいくこともあります。

・保険証
保険証はの信頼度は組合保険証が一番高いようです。次に社会保険、国民保健、といった順番です。

・既婚者
どうしても1人暮らしは信頼度は低いもの。
既婚・子供ありのほうが信頼度は上がりぐっと審査に通りやすくなります。

・社員数
社員数は100人規模から1000人以上が信頼度が高いです。

・居住種類
持家ローン無がやはり有利です。
次に持家ローン有、持家家族名義、賃貸マンション、アパートの順番です。

・職種
やはり公務員・専門職が断然有利。
次に事務職・営業・自営業・肉体労働・サービス業の順番です。

よく、年収の1/3までの借入れ制限があると耳にしますが、例外はあります。
あきらめないでください。
総量規制とは、年収の1/3までの借り入れ制限として2010年6月18日に完全に施行された規則です。

つまり、年収300万の場合100万円までしか借りられないことになります。
100万円じゃおまとめローンにならない!という方、ご安心ください。

銀行からの借り入れは総量規制対象外なのです。
年収の1/3以上借りる必要があり、返す見込みのある方は1/3以上の融資も可能です。
また、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費ローン、クレジットカードのリボ枠・ショッピング枠などが総量規制対象外です。
また、個人事業主に対する貸付も対象外となります。
そして一番の重要なポイントは「借りる人が一方的有利となる借換え」も総量規制対象外なのです。

一体この「借りる人が一方的有利となる借換えは何なのか。
借りる事により返済額や返済総額が少なくなる借金のことを言います。
つまり、今行おうとしているおまとめローンのことです。
現在いくつかの借り入れ件数をお持ちの方が、おまとめローンでひとつにまとめることで総量規制対象外のローンになりますので、年収の1/3は当てはまらないということです。

年収1/3の壁を感じていた方も、是非この機会に月々の返済を半分にしてすっきりしましょう。

消費者金融で気軽に借り入れができるせいか、過剰に借り入れしすぎて毎月の返済に苦しんでいる人多いらしいです。

そうなる前に、ちゃんと自分の収入と相談して計画的に借り入れしてほしいものですが

簡単に借り入れできてしまうのもあり、気づいたら複数件申し込んでいたなんてこともあるんですよね。

各社で金利が発生していますから、返済もだんだん大変になってきます。

低金利でも複数件もあれば、大変ですよね。

そこで、今複数の借りいれで困っている人におすすめなのが、おまとめローンなんです。

おまとめローンで複数件を1本化してしまうのです。

1本化したらとても助かりますよね~!しかも低金利だともっと嬉しいものです。

毎月の返済に困っている人はこちらのサイトを参考にしてみてください→おまとめのチャンス!

審査のコツや借り入れする前の注意事項など、おまとめローンについて色々と紹介してくれていますので是非参考にしてみてください。

そして毎月の苦しい返済から脱出しましょう!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/users/0/lolipop.jp-poppoppop/web/michikomorimoto.com/wp-content/themes/aik_watermelon/baseft.php on line 1

Warning: file_get_contents(http://jwx.jp/user/l/n.php?cat=aik_watermelon&k=72) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/users/0/lolipop.jp-poppoppop/web/michikomorimoto.com/wp-content/themes/aik_watermelon/baseft.php on line 1